JR常磐線(各駅停車)亀有駅(北口)から徒歩1分

お気軽にお問合せください【通話料無料】

0800-111-7300
営業時間
 
【平日】10:00〜19:00
【土曜】10:00〜17:00
定休日
日曜・祝日・第2月曜日

生理痛

生理痛にお悩みの方は、当院にいらっしゃる方の約8割、かなり多い印象です。

 

初潮からずっと生理痛がある、仕事や趣味のために毎月薬でコントロールするのは当たり前、というお話もよくお聞きします。生理痛自体は悪いものではありません。

 

しかし、強い痛みを感じる場合は月経がうまくいっていない可能性があります。

 

月経は子宮が妊娠の準備をする役目をしますので、生理痛が軽減して月経をうまく経過させることは妊娠しやすいお身体をつくる第一歩となります。少しでも我慢しているようなら、お力になります!あなたのお身体の状態に合わせて、身体を整えるお手伝いをいたします。

生理痛とは?

あなたの身体は、妊娠して子供を育てるために常に準備しています。生理の時期はその準備と役割を終えた子宮内膜を外へ排出して、子宮をキレイにして次の準備をする時期です。つまり、生理がきたとしても次の妊娠に向けて身体は一生懸命頑張ろうとしています。

 

確かに生理がくると妊娠しなかったと落ち込んでしまうでしょう。しかし、ただ生理がきたのと、生理痛が軽減して子宮の状態が良くなっているのを実感できるのとでは気持ち面が違います。妊娠に向けて前向きになるためにも、月経をしっかり経過させ、生理痛を軽減できる身体づくりをしていきませんか?

なぜ生理痛になるのか?

大切なことは

 

●骨盤の柔軟性

●子宮の柔軟性

●ホルモンバランスの良さ

 

です。

 

生理痛は骨盤が開き、子宮がねじれてポンプのようになって子宮内のお掃除をします。

 

つまり骨盤や股関節が硬かったり、子宮が上手く動けない状態だと、身体は無理に頑張ろうとして骨盤や子宮に痛みを出してしまいます。また月経は、ホルモンと女性器との絶妙なやりとりで成り立っています。そのため、ホルモンバランスが良くないと子宮を過剰に働かせてしまい、痛みが生じてしまうことがあるのです。

 

ただ、骨盤が硬くなったり、子宮が硬くなってしまうのは、その上に内臓が重くなって骨盤内に負担がかかってしまう場合がほとんどです。代表的なものは便秘です。

 

そしてホルモンがコントロールするのは、脳と副腎と女性器が中心です。

 

過剰なストレスや、それを処理できない環境や身体の状態の場合、ホルモンバランスが悪くなり、生理痛が出てしまうのです。

生理痛を改善する3つの解決策

①子宮に負担がかからないように、         内臓を元気に軽くする施術をおこなっていきます

 

痛みのないソフトな施術で、子宮の上にある内臓(腸や腎臓、副腎、肝臓など)の調整と、内臓に負担のかからない食事指導で便秘等改善していきます。

 

②骨盤や股関節の動きを柔軟にする

 

骨盤の硬さの原因となっている部位の施術とセルフエクササイズの指導をしていきます

 

③ホルモンバランスを整える

 

ストレス処理できるように、カウンセリング、脳や副腎の疲労を取る施術、食事指導をおこないます。

 

生理痛を改善し、少しでも妊娠できるお身体に近づきたいとお考えなら、一度当院に相談にお越しください。あなたの勇気と悩みを受け止めます!

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら【通話料無料】

0800-111-7300
営業時間
【平日】10:00〜19:00
【土曜】10:00〜17:00
定休日
日曜・祝日・第2月曜日

お問合せはこちら

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
(通話料無料)
0800-111-7300